中高一貫校在校生専門家庭教師 メリット、問題点、特長を解明
2月・3月でアドバンテージ確保を!
のんびりしているライバルに差をつけられます

プロ家庭教師で頑張ってください

「2月・3月が最大のチャンス!」
「2月・3月は一年を制する!!」
「2月・3月が最大のチャンス!」

1)受験が終わり「ホッ」としている人への話

受験が終わり「ホッ」としている人たちの中には、今でも少しずつ勉強をして差を広げているライバルが確実にいます。だからこそ、勉強を継続して下さい、という一点のみのお願いです。

勉強の空白期間を作らないことです。 学習体制になっている脳を再び休止状態にしてもらいたくないのです。 学力は着実にしか伸びませんが、低下するのは思っている以上に早いものです。 築くには難く、壊すには容易いのです。

だからこそ2月・3月に勉強を続けることをお勧めするのです。

  • メリット1:ライバルは油断し4月から頑張ろうと思っている
  • メリット2:実力でライバルに負けていても勝っている場合でも有利
  • メリット3:2ヶ月多く時間が稼げる
    2ヶ月間がいかに大きいか後で分かります
  • メリット4:心理的余裕、
    4月以降にプラス効果→やる気にも良い影響が出る
  • メリット5:受験終了後に学力の低下を抑えられ、効率的

だから・・・・プロ家庭教師を活用してください。

2)これから受験勉強を始める人へ

入試の天王山は、ズバリ2月・3月です。これは言い切っておきます。
(昔から入試の天王山は夏と相場が決まっていましたが、スタートを制するものはゲームを優位に展開できます)

夏はもちろん大事です。2月・3月はもっと大事です。第一志望校合格生は必ずといってもよいほど2月・3月を大事にしています。特に浪人生の場合、受験後1ヶ月はのんびりと過ごし、4月から頑張ろうと思っている人が多いですが、1ヶ月もプランクを 空けると、受験体制の頭が切り替わってしまっており勉強に対する意識・熱意は1ヶ月後には恐ろしいほど下がっています。

どんなにブランクを 空けても1週間以上はあけてはいけません。3週間は危険ゾーンです。だからこそ続けるのです。(続けてもらいたいのです)

勉強のペース・時間・量は問いません。まずは続けることです。
意外とこの点に気づいていない人が多いのです。だから効果大なのです。間違いのないことなのです。
プロ家庭教師を活用しどんどん先に行きましょう。

3)やる気を出す為の最重要なこと

せっかく受験が終わったんだからもう勉強なんかしたくはない。これが本音です。 また何をしたらいいか分からない。塾・予備校もなく、学校が始まっていないので何をやっていいか分からない。
親御さんはどうすればいいと考えますか?

〇やる気を出す為の最重要なこと

  • やる気がない(希薄である)
  • 危機感がない(まだ時間がたっぷりあると思っているから?)
  • 何をしたらいいか分からない(マニュアル世代だから)
  • 何が大事か分からない(恵まれた世代だから)
  • 時間の貴重さが分からない(まだ若いから?)
  • ましてやハングリー精神もない(今や死語になりつつある)

〇ですから受験生が2月・3月の有用性を良く理解し、

  • 合格に必要な内容を具体的に理解し(マニュアル世代だから)
  • 生活の良きリズムを作ることを心がけ(継続する)
  • 人がやっていないときが最大のチャンス理解(頭と体での理解)
  • 過度な学習計画を立てず着実に出来る学習メニューを作り今日から実行すること

以上がやる気を出す為の最重要なことであり、また以上のことを理解することが受験生に一番説得力のあることです。

〇具体的な学習メニュー・プランはどうしたらいいの?

  • いま何の勉強をしたらいいの?
  • 何から始めたらいいの?
  • 教材は何を使ったらいいの?
  • 理想の学習ペースは?

等々 様々な疑問、質問がある方はウェルズにご連絡下さい。

Copyright(C) 2012 受験・入試対策 プロ家庭教師派遣のウェルズ All Rights Reserved
特長のページへ 問題点のページへ メリットのページへ