中高一貫校在校生専門家庭教師 メリット、問題点、特長を解明

今年の特別な受験、これからの対策

今年の入試は特に特別。学校の閉鎖や、オンライン授業だったり、塾・予備校が休止になったりと、全受験生に多大な影響を与えられました。是非とも、心一つ切り替えてこの難局を乗り越えましょう。
万全な受験勉強のもとに合格を勝ち得てもらえるよう全力でサポート致します。
同じ条件下での入試、勝ち組に入れるよう手引き致します。ご相談下さい。

志望校への受験体制

・傾向と対策を分析
・学力分析と課題のあぶり出し
・教科ごとの得点力を把握
・トータル・期間単位の学習メニュー

スケジュール 家庭教師と共に前進

11月

・出題分野・設問別の対策を完了
・苦手克服は11月中旬までを目処
・令和3年度大学入学共通テストに重心を移す

12月

・同共通テスト実戦演習を積み重ねる
・試験の時間配分を戦略化
・本番を見据えた生活習慣を確立

1月~

・同共通テスト後は受験校の実戦演習
・記述式問題の答案作成力を磨く
・暗記事項の抜けを最後までチェック
・受験期間中も学習時間を確保し受験脳を覚まさせない

 

令和3年受験について

1) 「大学入学共通テスト」令和3年開始

キーワードは“分析・記述・決断”
単純に知識を問うだけでなく、その活用する素養を図る問題が増え、実例ケースや、数値やグラフなどから分析する力や、体系理解を問う記述問題が出題されると言われています。
従来のセンター試験とは傾向が大きく変わり、注意が必要です。

2) 英語の4技能「聞く」「話す」「読む」「書く」を重要視

これら技能を正しく評価するために、外部試験(TEAP・英検など)を合否判定に用いる大学が増えてきています。大学毎に利用方法が異なり、必須確認です。

3) 文部科学省が定員を厳格化する方針(中堅〜難関私立大)

早慶MARCHや関関同立などの人気私大と、その他、地方大などとの格差解消があげられ、定員の厳格化が始まっています。
人気私大の合格者数が年々減少傾向にあり、難易度が相対的に上昇しております。本命大以外の私立併願校についても、充分なフォローで臨む必要あります。

Copyright(C) 2012 受験・入試対策 プロ家庭教師派遣のウェルズ All Rights Reserved
特長のページへ 問題点のページへ メリットのページへ